保証制度の有無を確認

購入後に長年乗り続けたい人は無償修理をしてくれる店舗を探そう

中古車は、メーカーや正規ディーラーで販売されている新車とは違い、車体のダメージが目立つものや、走行性能が衰えているものも珍しくありません。特に、ヴィンテージカーとして親しまれている外国製の中古車の中には、メンテナンスに時間や費用が掛かりやすいため、車の維持の負担を考慮しつつ慎重に車種を選択することが大切です。そうした中、購入後にできるだけ長く同じ中古車に乗り続けたい人は、無償修理をはじめとする保証制度がきちんと用意されている販売店を選びましょう。国内外の多数の中古車を扱う販売店の中には、全ての購入者に対して数年間の補償をを付けているところもあり、日ごろから安心してお気に入りの車を使うことができます。

生産が終了している車種は保証制度の対象外となることも

生産が終了して長年が経過している車種については、おおむね保証制度の対象外となっている中古車販売店が珍しくありません。一般的に、五十年以上前に製造された車種については、購入時にたとえ性能があまり衰えていないものであっても、中古車販売店を通じてパーツ交換やクリーニングなどの依頼ができないこともあるため注意が必要です。年代物の中古車の整備を専門に扱う業者の中には、ある程度のコストが掛かりますが、中古車販売店で対応ができない車種のメンテナンスを引き受けてくれるところもあります。そのため、車種にこだわって中古車を手に入れたい人は、将来的なメンテナンスの可否を考慮したうえで中古車選びをすることがポイントです。